さらなる省エネへ 住まいの市場ができること

地球温暖化による影響は深刻で、今や環境保全は急務です。石油などの化石燃料にも限りがあり、エネルギー資源の有効利用。省エネや新エネルギーへの移行が進められています。
平成20年度の省エネ法改正によって企業毎にエネルギー管理や一定規模の企業には届け出も必要になりました。福島県の省エネ改修補助金制度も始まっています。住まいの市場は、これまでオール電化・太陽光発電・断熱リフォームなど、住まいの省エネ・エコを推進してきました。

これからの未来のために出来ること。

5年先・10年先を見据え、これからは住まいだけでなく社会全体の省エネ・新エネを提案します。